~有森裕子杯ハーフマラソン 人見絹枝杯10㎞ロード~

1982年の創設以来、若手の登竜門としての位置づけが定着した山陽女子ロード。大会は有森裕子杯のハーフ、人見絹枝杯の10キロ(登録、一般)の2種目です。ハーフは北京五輪マラソン6位のマーラ・ヤマウチ選手(英国)や13位の中村友梨香選手(天満屋)ら66人、10キロは176人がエントリーしました。

ハーフは午前10時、10キロは10時15分にスタートしました。当日は風が強く、寒い日でしたので、記録が出にくい大会となりました。岡山県は1992年の有森のバルセロナマラソン出場依頼、連続5回女子マラソンオリンピック代表選手を出している名門県となっています。

大会記録:
1位 キラグ・パウリン・ワングル(九電工) 1:10:54
2位 清家 愛(シスメックス) 1:10:55
3位 ルース・ワンジル(SWAC) 1:10:55
4位 泉 有花(天満屋) 1:10:58
5位 尾崎 朱美(SWAC) 1:11:02
6位 安藤 美由紀(第一生命) 1:11:41

会場入り口にハート・オブ・ゴールドの活動パネル展を開催しました。有森代表は、解説・表彰に参加しました。

開催年月日: 2008年12月23日(火)
場所: 岡山県陸上競技場、特設コース
関連ホームページ:http://www.sanyo.oni.co.jp/kikaku/2008/
roadrace/news/2008/12/24/20081224114732.html

<主催>
岡山県・岡山市・岡山市教育委員会・岡山県、
岡山市体育協会・山陽新聞