特定非営利活動法人ハート・オブ・ゴールドは「スポーツを通じて希望と勇気をわかちあう」ことを目標としたNPO法人です。 > はじめての方 > 法人の方へ

特定非営利活動法人ハート・オブ・ゴールドは「スポーツを通じて希望と勇気をわかちあう」ことを目標としたNPO法人です。

はじめての方へ法人の方へ寄付する20周年記念事業

体育科教育支援

体育科教育支援

小学校体育科教育支援

経緯

ポルポト時代の大量虐殺により多くの知識人が殺害され、学術文書等が破棄されたカンボジアでは、教育と言う分野においても人材育成、参考資料作成などの点が かなり遅れています。特に体育は支援が入りにくいということもあり、2006年以前はクメール体操と呼ばれるラジオ体操の音楽がない体操を40分の授業の うち、10分程度行い終わってしまうというのが体育の授業でした。

そこで、ハートオブゴールドでは、カンボジアの小学校に体育教育を広げ、子供の「豊かな心と健やかな体作り」に貢献することも目指しています。

カンボジア王国認定小学校体育科「指導要領&指導書」が作成され(2006~2009年)、それを用いて、中央・地方官庁の担当官育成や教員養成校、実施小学校への指導(2010年~現在)が行われています。

現在はカンボジア全24州のうち15州において子供たちが態度・知識・技術・協調性を学べる体育を普及しています。

活動協力

カンボジア王国教育省、独立行政法人 国際協力機構、筑波大学

事業概要

国際協力財団(JICA)本部はJICAカンボジア事務所を通じ、特定非営利活動法人ハートオブゴールド(HG)と協働で『カンボジア王国 小学校体育科指 導書作成 支援事業』(以下 事業)を展開している。カンボジア王国教育、青年、スポーツ省(MoEYS)のイニシアティブによって活動が実施され、 MoEYSの関連当局はHGの支援 を受けながら事業の成功のため、協力する。また、MoEYSは、事業を運営する組織としての中央委員会と実行委員会の 設立、作業部会の維持に責任を持つ。

活動報告
年次報告
レポート
<活動詳細>
thumjica<関連リンク>

プロジェクトマネージャーの1日
JICAのWebsiteに連載の、「月刊!プロジェクトマネージャーの1日」に「カンボジアで本格的な体育科授業の実現を目指して。(ハート・オブ・ゴールド 山口さん)」として全2回にわたってに掲載されました!第25回はこちら

JICA プレス・リリース(pdf)
「カンボジア体育教育指導書作成支援プロジェクト」開始!
ー体育を通じたカンボジアの子供たちの「人間の安全保障」を目指してー(2006年1月17日)

JICA 草の根技術協力事業ポータル

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © Hearts of Gold All Rights Reserved. Created by LAID-BACK DESIGN.