特定非営利活動法人ハート・オブ・ゴールドは「スポーツを通じて希望と勇気をわかちあう」ことを目標としたNPO法人です。

スポーツエイド

スポーツエイド(ランナーズエイド)

HGは、全国の市民マラソンにランナーズエイドへの参加を呼びかけています。ランナーズエイドによる支援金は、アンコールワット国際ハーフマラソン& ウォーキング運営、義手・義足支援、障がい者社会復帰支援、子ども達の自立支援活動など、当団体の活動に全額活用いたします。

ランナーズエイドとは ー小さな力を集めて、大きな力にー

ランナーズエイドとは、全国の市民マラソン大会に呼びかけて、ランナー参加費の一部を開発途上国の支援にあてようという活動です。

ハート・オブ・ゴールドは、全国の市民マラソンにランナーズエイドへの参加を呼びかけています。ランナーズエイドは、自分の健康や記録のためだけではなく、走れない人のことを想って走るチャリティーランです。1994年から、「アジア義肢装具センター」開設*を支援する運動として、全国市民マラソン連絡協議会が各地のマラソン大会に呼びかけて始まりました。この運動は、西日本各地のランニング大会から全国の市民マラソン大会へと広がってきています。

身近なマラソンやイベント、お祭りなど、協力イベントとなっていただけるイベントがありましたら、ぜひハート・オブ・ゴールドにご連絡ください!

協力イベントとなっていただいた場合、

  • 大会から寄付をする
  • イベントで参加者からの一人1$募金を募る
  • Tシャツ等ハート・オブ・ゴールドのグッズを購入する
  • その他物資支援を送る(内容は、事務局にご相談いただき、現地までお送りください)


などのご支援方法があります。

また、これらのマラソンをはじめとする協力イベントに一人でも多くの皆様にご参加いただき、ご支援を賜れれば幸いです。

ハート・オブ・ゴールドでは皆様からの支援金を、カンボジアで障がい者が参加できる唯一の国際チャリティレースである「アンコールワット国際ハーフマラソン& ウォーキング」運営、義手・義足支援、障がい者社会復帰支援、子ども達の自立支援活動、HIV/AIDS予防活動等、当団体の活動に全額活用いたします。

スポーツを通して、年齢・性別を問わず、健常者も障がい者も、世界中の人々が元気になれるよう、これからも応援していきたいと思っています。

*:この「アジア義肢装具センター」構想は、2002年9月タイのマヒドン大学医学部・義肢装具学科の開設をもって実現しています。

runnersaid

<協力イベント一覧>

年次報告
レポート
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP