特定非営利活動法人ハート・オブ・ゴールドは「スポーツを通じて希望と勇気をわかちあう」ことを目標としたNPO法人です。

代表理事profile

できる人が できることを できるだけ 続けよう!

■略歴arimori1
1966年岡山県生まれ。就実高校、日本体育大学を卒業して、(株)リクルート入社。バルセロナオリンピック、アトランタオリンピックの女子マラソンでは銀メダル、銅メダルを獲得。1998年NPO法人「ハート・オブ・ゴールド」設立、代表理事就任。2002年4月アスリートのマネジメント会社「ライツ」(現 株式会社RIGHTS. )設立、取締役就任。スペシャルオリンピックス日本 理事長。他、国際陸連(IAAF)女性委員会委員、日本陸上競技連盟理事、国連人口基金親善大使、笹川スポーツ財団評議員、社会貢献支援財団評議員等を歴任。2007年2月18日、日本初の大規模市民マラソン『東京マラソン2007』でプロマラソンランナーを引退。2010年6月、国際オリンピック委員会(IOC)女性スポーツ賞を日本人として初めて受賞。同12月、カンボジア王国ノロドム国王陛下より、ロイヤル・モニサラポン勲章大十字を受章。

 

■現在の活動
・日本陸上競技連盟国際員会 特別委員
・認定NPO法人「ハート・オブ・ゴールド」代表理事
・公益財団法人スペシャルオリンピックス日本 理事長
・日本体育大学 及び 日本体育大学女子短期大学部 客員教授
・就実大学 及び 就実短期大学客員教授
・日本警察消防スポーツ連盟 特別顧問
・緑の東京募金実行委員
・容器包装廃棄物排出抑制推進員(愛称:3R推進マイスター)
・一般財団法人 日本フラッグフットボール協会 評議員
・NPO法人 日本盲人マラソン協会(JBMA) 理事
・公益財団法人笹川スポーツ財団 アドバイザー
・日本国スポーツ観光マイスター
・越後長岡応援団
・福島県しゃくなげ大使
・名寄ひまわりまちづくり大使
・かしわざき大使
・厚生労働省 いきいき健康大使

 

■主な競技歴
1990年 大阪国際女子マラソン 6位 2時間32分51秒(初マラソン日本最高記録)
1991年 大阪国際女子マラソン 2位 2時間28分01秒(日本最高記録)
世界陸上選手権女子マラソン 4位 2時間31分08秒
1992年 バルセロナ五輪女子マラソン 2位 2時間32分49秒
1995年 北海道マラソン 女子優勝 2時間29分17秒(大会新記録)
1996年 アトランタ五輪女子マラソン 3位 2時間28分39秒
1999年 ボストンマラソン 3位 2時間26分39秒(自己ベスト)
2001年 東京国際女子マラソン 10位 2時間31分00秒
2007年 東京マラソン2007 5位 2時間52分45秒
◎自己ベスト2時間26分39秒(ボストンマラソン 1999年4月19日)

 

■主な受賞歴
(国内)
1992年 朝日スポーツ賞(朝日新聞社)
1993年 第5回日本フェアプレー賞
1996年 菊池寛賞 (日本文学振興会)
1996年 ベスト・ドレッサー賞(社団法人日本メンズファッション協会)
1996年 流行語大賞(自由国民社)
1997年 中日日体育賞(中日新聞社)
2010年 津田梅子賞(津田塾大学)(海外)
2010年 国際オリンピック委員会(IOC)女性スポーツ賞
2010年 カンボジア王国ノロドム国王陛下より、ロイヤル・モニサラポン勲章大十字を受章
■著書
「やめたくなったら、こう考える」(2012年 PHP研究所刊)
「有森裕子のマラソンブック フルマラソンで4時間を切る!」(2009年 マガジンハウス刊)
「スマイル・ランニング フォー・レディース」(2009年 保健同人社刊)
「わたし革命」(2003年 岩波書店刊)
「アニモ」 1997年 (株)メディアファクトリー刊
「有森裕子と読む人口問題ガイドブック」国際開発ジャーナル社

思いつづければ、夢はかなう

「一 所懸命は必ず勝ちます」と、希望を持ってがんばっていくことを小学生・中学生をはじめとする子どもたちに訴え続けている。また、地雷で被害を受けたカ ンボジアの子どもたちに「義手や義足をつけ走ることで、夢を持つきっかけになれば」とふれあい・支援のための活動に力を注いでいる。

有森裕子の信条は、「世の中にたった一人しかいない自分の生き方にこだわること」「二度とやってこない一瞬一瞬を精一杯生きること」。いまを輝くために、有森裕子の挑戦はつづく。

img_about02

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP