特定非営利活動法人ハート・オブ・ゴールドは「スポーツを通じて希望と勇気をわかちあう」ことを目標としたNPO法人です。

元理事長メッセージ

義足を一番必要とする国カンボジアで「アンコールワットハーフマラソン」

走れる喜びを分かち合いましょう、善意と力を!
hagiwara

元理事長:萩原 隆

ハート・オブ・ゴールドは「スポーツを通じて、国境、人種、ハンディキャップを越えて、希望と勇気の共有を実現」することを目指して1998年10月10日に発足したNGO組織です。

活動分野・内容のうち主なものはアンコールワット国際ハーフマラソン運営協力とカンボジア対人地雷犠牲者への義足寄付(ランナーズエイドの促進)でしょう。

ランナーズエイドとは1994年から始められたもので、全国各地の市民マラソン大会に呼びかけてランナー参加費の一部を開発途上国の義足製造にあてようという募金運動のこと。

先進諸国では、ほぼ制圧されたポリオは発展途上国では200万人の子供が患う。彼らには早期に装具を装着させれば歩行可能となるのです。

全世界のハンセン氏病患者1200万人の 10%が靴型装具を必要としています。カンボジアでは内戦の結果、対人地雷で四肢を失った人たちが特に多く、同国はいまなお未処理地雷の問題を抱えています。現在世界中の四肢切断者500万人のうち350万人がアジアに居住し、3~4年ごとに義肢を交換しなければなりませんが、日本の製品は高価すぎるので現地生産でゆくしかない…兵庫県立リハビリテーションセンター所長・澤村誠志ドクター*1の「アジア義肢装具センター」構想*2とは、そのための工場、機械と人材養成プランのことです。今日ランナーズエイドは西日本各地の大会で定着してきました。平成4年3月神戸湾岸高速道完成記念「ハイウェイーラン」も、高石ともや氏が実施した義士ラン(義肢⇔義士にヒントを得たもの)もまたそのひとつでした。

このような間接募金ではなく、カンボジア国内 でマラソン大会は実施できないものか?マカオでの七者会談(サンケイ社から4名、カンボジアから3名)はこのような発想から生まれたものでした。

翌1996年4月23~27日サンスポ社から3名が実情調査のため現地入りしたのですが、自動小銃を手にした兵士が付き添う物物しさだったとか。はたして安全な大会が保障されるだろうか?最終的に当局から「国家行事として実施する」旨の誓約があって1996年12月22日、第一回アンコールワット大会開催の運びとなりました。この大会はその後、クーデター騒ぎにもかかわらず続けられ今日に至ってます。

私達は以上のような幾多先輩のご苦労の足跡を継いで歩み始めたばかりで、まだ弱体な組織にすぎません。どうか皆様各位の善意とお力をお貸しください。私達は走れる喜びを人々とわかち合いたい…不幸な人にはわずかでも援助してあげたいと念願しております。

組織の名づけ親ローレン・モラー(本会副代表理事)は「心の金メダル」について書いています。「心の金メダルとは(競技に勝って得られるのではなく)人の心のシンボル、人が他人に寄せるやさしさではないか…この世界は、まぎれもなく、困難に直面していますが、その解決を人任せにしておいてはいけないでしょう…一人一人が人間として行動すれば、すこしは役に立つことができるはずです…」 そして、次の言葉で結んでいます。「誰でも、金メダルと得ることはできます。それを求めようとする心さえあれば。」

*1: 肩書き1998年当時。
*2: この「アジア義肢装具センター」構想は、2002年9月タイのマヒドン大学医学部・義肢装具学科の開設をもって実現しています。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP